忍者ブログ
  • 2019.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2019.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2019/09/17 23:20 】 |
昏睡

 (ア) 松本医師の証言によれば,控訴人が高知医大病院に入院した当初は,膿瘍腔の炎症があり,疼痛もあったことから,家族による介護が必要ではあったが,痛みが止まり,熱も下がって,普通に歩くことのできる状態になった以後は,家族による介護が絶対的に必要であったとはいえないこと(証人調書25頁),本件のような低位前方切除,腸管吻合及び一時的人工肛門造設などの手術の際,医学上,家族による介護につき,手術後であればその必要が認められるが,その場合でも,通常で1週間程度,術後合併症が生じたときであっても,2,3週間程度の付添いで足りること(同21頁),高知医大病院は,いわゆる基準看護の条件を満たした病院であること(同19頁)が認められる。また,控訴人は,高知医大病院に転院・入院した1週間後である平成14年6月17日時点で,発熱もなく,腹部痛が自制内で,日中はトイレに歩いていくことが可能となっていたこと(甲24の9頁)からすると,高知医大病院入院中の家族による介護が必要であった期間は,少なくとも高知医大病院に入院した当初の6日間及び低位前方切除,腸管吻合及び一時的人工肛門造設の手術後の21日間の合計27日間と認めるのが相当である。

カレンダー 犬 2013 / エルゴ ギャラクシー  / レインコート 男の子 

   ア 前記1のとおり,被告車両が原告車両に追突するという本件事故の発生自体は明らかである。

酵素 ダイエット  / カレンダー 卓上  2013 / 薬剤師 求人情報  / トリーバーチ  フラットシューズ 

 ICU退室サマリ(ICU看護婦から一般病棟看護婦への申送書)には、「申し送り事項・問題点」の欄に「家族は今のままの状態では家族で介護する余裕がないと、あきらめかけている状況。」との、「処置・リハビリテーション」の欄に「DNR」(急変時に心肺蘇生措置を行わない方針)と記載された。

エステ 体験  / レインコート 女の子  / 瞬足 スニーカー 

 (イ) 乙川医師に対する刑事一審裁判の鑑定結果によれば、太郎の余命は、〈1〉昏睡が脱却できない場合(およそ50%程度の確率)、短くて約1週間、長くて3か月程度、〈2〉昏睡から脱却して植物状態(完全に自己と周囲についての認識を喪失すること)が持続する場合(同40%)、最大数年、〈3〉昏睡・植物状態から脱却できた場合(同10%)、介護の継続性及びその程度により生存年数は異なるとされている。


PR
【2012/11/05 00:22 】 | 未選択
<<前ページ | ホーム | 次ページ>>